遺言書のの基礎知識
相続・遺言専門家ガイド 遺産相続や遺言書など相続の専門家探しは
[相続・遺言書専門家ガイド]におまかせ!
TOP
スポンサードリンク
相続の基礎知識
遺言書の基礎知識
各専門家の業務内容
スポンサードリンク
相続・遺言書の専門家
北海道・東北
北陸・信越
関東
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄
掲載をご希望の専門家の方へ
登録について


 
 遺言書の基礎知識
遺言書は民法で@自筆証書遺言A公正証書遺言B秘密証書遺言の3つが定められています。

@自筆証書遺言
長所・・・ ・最も簡単な遺言書の方式
・証人が不要
・いつでも、何回でも作り直すことができる
・作成の費用がかからない
・遺言書を作成したことやその内容を秘密にできる
短所・・・ ・紛失してしまう場合がある
・遺言書の発見者に遺言書の存在を隠されたり、
 内容を書き換えられたりする場合がある
・法定の条件を満たしていなければ無効な遺言となってしまう場合がある
・相続開始の際に家庭裁判所による検認が必要となる

A公正証書遺言
長所・・・ ・無効な遺言となることがない
・遺言書が偽造されない
・原本を公証人役場で保管するので紛失しても再発行してもらえる
・相続開始の際に家庭裁判所の検認が不要
短所・・・ ・公証人役場の手数料が必要
・作成の際に証人が必要

B秘密証書遺言
長所・・・ ・遺言書に遺言者、公証人、証人が署名・押印するので遺言書の存在や
 作成日時を明確にできる
短所・・・ ・紛失してしまう場合がある
・遺言書の発見者に遺言書の存在を隠されたり、
 内容を書き換えられたりする場合がある
・法定の条件を満たしていなければ無効な遺言となってしまう場合がある
・相続開始の際に家庭裁判所による検認が必要となる

スポンサードリンク

  リンク
Copyright c 相続&遺言書専門家ガイド All rights reserved.